エルドアカジノ【LITE版】は本人確認不要!詳細や登録方法を解説!

eldoahcasino-lite版 エルドアカジノ
Pocket

こちらのページでは2021年9月6日よりリリースされたエルドアカジノの本人確認不要の「ELDOAH LITE版」について詳しく解説していきます。

ELDOAH LITE版(エルドアライト版)とは?

eldoah-lite1000x600

エルドアカジノのLITE版とはオンラインカジノをプレイしお金を出金するために必要な手続きの本人確認(KYC)を排除したエルドアカジノの軽量版です。

従来のエルドアカジノのフルスペック版はFULL版となり、エルドアカジノに登録時にFULL版か軽量版のLITE版を選択するように変更されています。

 

エルドアカジノのLITE版は月間の出金上限額を無制限から100万円に縮小し、本人確認を無くすことができました。

入金方法はエルドアカジノで使えるすべての決済手段ではありませんが、ビットコインと銀行振込で入金ができます。

入出金手段が銀行振込でKYC不要、さらに出金限度額100万円という金額でのオンランカジノは現時点ではエルドアカジノしかないです。

 

また、エルドアカジノのライト版はオンラインカジノにまだ不慣れな初心者の人や、少なからずオンラインカジノに疑いや不安を抱いている、、、けど、、興味はある。といった人たちでも匿名性を保ったままオンランカジノを体験、楽しむことができるサービスといえます。

エルドアライト版は何ができるのか?

エルドアライト版はエルドアカジノの軽量版ですから今までのフルスペック版とは内容が異なります。

LITE版とFULL版を比較してみましょう。

<ELDOAH LITE版とELDOAH FULL版の比較>

LITE版 FULL版
録にかかかる時間 15秒 1分30秒
入出金サービス 銀行振込、ビットコイン 全ての入出金方法
出金時の本人確認 不要 必須
出金限度額 1,000,000円/月 上限額なし
プロモーション
VIPプログラム

LITE版ではエルドアカジノのすべてのゲームをお金を賭けてプレイが可能です。

そして、出金に関しても月間上限金額が無制限とまではいきませんが100万円までは出金ができるので一部のハイローラーを除くほとんどの人にはカバーができているといえます。

エルドアライト版のメリット

エルドアライト版のメリットはいたってシンプルです。

  • 登録が簡単で早いこと(約15秒)
  • 銀行振込で本人確認が不要

登録が非常に簡単で「ID」、「パスワード」、「メールアドレス」の3つの項目を入力すればすぐにエルドアカジノの会員になれます。

また、ライト版からフル版に本人確認をすることで変更も可能です。

エルドアライト版のデメリット

ではエルドアライト版のデメリットは何があるのでしょう?

デメリットはやはりエルドアカジノの醍醐味ともいえるトーナメントなどのプロモーションやローリングチップ、VIPプログラムといったサービスを受けることができないのでこれらの点に関してはデメリットといえるかもしれません。

また、大きな資金でプレイして勝利金が月間100万円を上振れそうな方にはライト版では物足りないかもしれません。

そういった点もデメリットといえます。

ELDOAH LITE版(エルドアライト版)の登録方法

ステップ1 エルドアカジノにログインする

eldoah.lite

エルドアカジノにログインしたら右上の【今すぐ登録】をクリックします。

ステップ2 LITE版を選択する

eldoah.lite

LITE版とFULL版の選択があるので【LITE版】を選択し、【次へ】をクリックします。

ステップ3 必要登録情報を入力

eldoah.lite.sm

必要登録情報の【ID】、【パスワード】、【メールアドレス】を入力し利用規約を確認し21歳以上にチェックを入れ、【サインアップ】して登録が完了となります。

まとめ

登録は簡単なエルドアライト版ですが、この後に銀行振込の手続きが必要になります。

銀行振込の手続きでは振込人の名義に自分の名前が必要になり、エルドアカジノにローマ字で名前の登録を行うことになります。

エルドアカジノ【LITE版】の入金方法を図解、動画で解説!
2021年9月6日よりリリースされたエルドアカジノの本人確認不要の「ELDOAH LITE版」の入金方法について図解&動画で詳しく解説していきます! エルドアカジノのLITE版についての詳しい内容はこちらの記事を参考にしてください。 エルド...

このように手続きが非常に簡単な上、オンラインカジノでの手間ともいえる本人確認書類の提出がないエルドアカジノの軽量版はオンカジ初心者にはうれしいサービスのひとつになりそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました